着付けと女性らしさを|藤間充助日本舞踊稽古所

着付けと女性らしさを 藤間充助日本舞踊稽古所(東京都練馬区)4.png日本舞踊は、着物の着付けから女性らしい優雅な佇まいが身につきます。

日本舞踊は、日本古来より長い年月を経て生まれ発展してきた音曲と共に育まれ、形作られた日本独自の芸能ある文化。

それを習得することにより、日本の伝統芸能の伝承と共に、精神、情操、そして日常の立ち振る舞いなど、着物の着付けから女性らしい優雅な佇まいを身につけることができます。

音曲に身をゆだねて身体を動かすことは、人間の生まれ持った本能で、これを習得することにより、楽しさを実感するとともに、心身の安定と健康をもたらす事が出来るものなのです。

舞踊曲には物語(筋書き)があり、曲の中の人物になりきり、心の変身と表現が出来るのは、現実の生活とのギャップを感じることができとても楽しいものです。

藤間充助日本舞踊稽古所は、そんな日本舞踊や長唄を通じて、日本の伝統を伝承するとともに、着物の着付けから女性らしい優雅な佇まいを身につけたいとお考えの方や、同じような考え方をお持ちのお友達の輪を広げたいとお考えの方など、練馬区・武蔵野市・西東京市・杉並区にお住まいの幼児から大人まで幅広い層にご指導しているお稽古教室です。

 

折鶴派 藤間充助日本舞踊稽古所
藤間充助

 

当日本舞踊教室について お稽古案内

arrow025_06.gif主催者からのメッセージ

arrow025_06.gifプロフィール

arrow025_06.gif教室概要・地図  

arrow025_06.gif日本舞踊

arrow025_06.gif長唄(三味線・唄)

arrow025_06.gifお月謝とお稽古日

優雅な佇まいは匂いこぼれる花のよう

お浚い会は手作りで1.pngお浚い会は手作りで

「日本舞踊はお金がかかる」と敬遠されがちですが、当流派では、それぞれのお師匠さんが手作りで舞台を仕上げます。


勿論、衣装をつけて舞台にお出になる時は専門の裏方さんにお願いしますが、この写真の様に自前でも変身できます。

 

この写真は、ゆかた浚いの時の「羽根の禿(かむろ)」と云う出し物ですが、結髪と着付けは私が仕上げ、かんざし(髪飾り)も自前のものをつかい、帯は流派の「弟子の会(直門の会)」の衣装部で揃えてあるものを安価で借り受け、「禿」風に着付け仕上げたものです。

費用を安価に誰でも体験することが大切だと思っています。

 

 

■催しのご案内

日頃のお稽古の成果を発表する催しのご案内します。
→クリック 

■お稽古ブログ

日々のお稽古の様子をご紹介します。
→クリック